SMAP|飯島マネージャー

飯島三智女史|SMAPの敏腕マネージャー

前回、7年前のこのシリーズをやった時に、この人の情報がどうしても欲しかった。しかし、SMAPを、最初から面倒を見て、「国民的アイドル」に育て上げた敏腕マネージャーとあるだけで、生年月日はおろか、顔写真すら見つけられませんでした。

しかし、今回はしっかり、Wikiまでできて、顔写真もアップされていました

この7年間のブランクの間に、SMAPが「国民的アイドルグープ」になり、その功労者の彼女の存在が世間で無視しえないものとなったからでしょう。

木村と中居は最初、「欽ちゃん(萩本欽一)」の弟子でした。

ただ、コントの練習の合間の休憩時間に、踊ったり、歌ったりばかりしている二人を見て、欽ちゃんは「こりゃ駄目だ」と思い、二人を解雇すると同時に、ジャニーさんに引き取ってもらったそうです。

ちゃんとしたジャニーズのオーディションを合格したわけではなく、当時の芸能界の実力者からの依頼で断れなかったのでしょう。

案の定、当時ジャニーズ事務所の事務員だった、飯島女史の所に、メリーが「この子たち売れないと思うけど面倒見てやって」と丸投げしました。

残りのメンバーはおいおい参加していきます。

イケメンとは言えず、個性が全員バラバラのグループの良さを引出、それまで、「帝国の掟」でご法度だったTVのバラエティにも出演させ、着実に世間の認知度を上げて、人気もついてきました。

SMAP以前のジャニーズのトップアイドルは、年齢25歳で、表舞台から消えるというのがお約束でした。

 

 

バブルの時代が近づいたころに売れた「少年隊」バブルの崩壊とともに消えた「光Genji」いずれも、活躍期間は5年ほどでした。

「光Genji」がフェイドアウトした後、しばらくジャニーズ系の「アイドル不在時代」が続きます。

「光Genji」の大沢樹生は当時を振り返って、「絶対バラエティーには出してもらえなかった、僕もコントをやってみたかった」と述壊しています。

 

次に控えるアイドルは何かと調べると「スマップ」と言うグループらしい。

名前を聞いた途端私は不覚にも、似た言葉を連想してしまいました。

「スワップ」です。「日韓通貨スワップ」の「スワップ」ではありません。SEXで言うところの「夫婦交換」のスワップでした(笑)

どんな連中かと、TVで見てみても、どなたも、アイドルとは思えない御面相、「こりゃだめだ」と思いました。

ところが、飯島女史の大運が絶好調の10年間、爆発的に売れ出し、全国でも認知され始めます。

 

 

35歳(1993年)~45歳(2003年)庚戌―食神―墓

食神の大運です。彼女は戌亥空亡なので、庚戌の戌が空亡されて大運空亡されていますが、大運が吉星の食神なので、食神が空亡されると、何もかもうまくいき、緊張感のない10年間となります。

この十年間で、1994年に「オリジナルスマイル」が大ヒットします。

私も良い曲だなと実感しましたし、当時職場で、若い女子社員が家に帰ったら、この曲ばかり、繰り返し聞いていると言っていました。当時私は転勤で山梨の甲府市に居ましたが、「オリジナルスマイル」は全国通津浦々に、彼らが、ジャニーズのトップアイドルとして、認知されるようになったヒット曲でしょう。

その後、ヒット曲を量産し、木村は、数々のドラマに出演して視聴率の取れる男として、評価を得て、そのピークのドラマが「HERO」(2001年)でしょう。

 

★要するに、敏腕プロデューサーの飯島女史は、このわずか10年で、SMAPの「トップアイドル」としての「地位を固め」「必ず売れる「勝ちパターン」」の基礎を気づいたのです。今年で「25周年」ですが、2003年以降の15年間は「勝ちパターン」と言う「芸能インフラ」に載って、「惰性」で売れ続けたという事でしょう。

★その後「嵐」に追い上げられましたが、「国民的アイドルグループ」の地位は微動だにしませんでした。

★経営学や「マーケティング」の「ケーススタディ」に使えそうな「成功事例」です。

それでは、お待ちかねの、飯島女史の命式を見ていきましょう。

飯島三智

 

 

【総合鑑定】逆境に強い人格者で頭が切れる。

寅と亥が支合を形成します。持続性の無い相性の暗示です。この支合のお蔭で時柱の空亡は無かったことになりました。

空亡填実(くうぼうてんじつ)です。辰と戌が冲「ちゅう」を形成します。感情に左右されやすい苦労性の暗示です。

この冲「ちゅう」のお蔭で年柱の空亡が無かったことになりました。空亡填実(くうぼうてんじつ)です。

2個の甲と1個の己が二重に干合します。土化する。中正の合で、人徳の備わった人格者です。

 

結婚経験が有るのかどうかは知りませんが、彼女にとってはSMAPのメンバーは「息子同様」です。

SMAPが売れ始めたころ、草なぎ一人が出遅れて、落ち込んでいました。そんな草なぎを励まして頑張らせたのが彼女です。

最年少の香取は、彼女のことを「お母さん」同様に慕っていました。

 

2個の偏官と1個の劫財が二重に干合します。両凶星の意味が薄まり、思いがけぬ大発展をします。

このパワーが、個性のばらばらな5人のメンバーを「国民的アイドルグループ」に育て上げたのです。

劫殺が、吉星の偏財と並ぶので頭が切れます。相当な戦略家でしょう。

宗教と芸術に縁のある華蓋が有ります。

色気星の紅艶が有ります。若い頃はもてたでしょう。

亡神が吉星の偏財と並ぶので、頼りがいのあるパーソナリティーでしょう。

比肩が2個あります。比肩と言うとK・Yを想起しますが、K・Yでは、こんな大きな仕事はできません。

むしろ、独立志向の強い人と見るべきでしょう。ですから、今年1月にメリーに首にされたと言いうよりは、自分の意思で辞めたとみるべきでしょう。

いくら、メリーが女帝でも、社長はあくまでもジャニーさんです。

人事権を握っているのはジャニーさんですから、メリーが首にしたいと言っても、ジャニーさんが首を縦に振らなければ

くびにはできなかったはずです。飯島女史にとっては25年間、SMAPの盾に成り、勤続疲労感もあったのでしょう。

 

彼女の二十八宿は壁宿です。家庭に入れば夫によく尽くし家庭の切り盛りも上手です。有名人には吉永小百合がいます。

 

大運を見てみましょう。

35歳~45歳 

庚戌―食神―墓―大運空亡

前の記事で書いたように、大運空亡にもかかわらず、この10年間で「SMAPが勝ち続ける方程式」を築き上げました。

逆境に強い大した戦略家です。

SMAP25周年の残りの15年は、彼女の作った「勝利のインフラ」の上をメンバーが走り続けただけでした。

45歳~55歳 

己酉―劫財―死疲れ果てる

十年ですが、SMAPは順調です。むしろ「帝国の中の「独立王国」」となって、彼女に対するメリー、ジュリー母娘からの風圧が強くなります。

55歳~65歳 

戊申―比肩―病

自分の思いに任せて突っ走る10年です。新しい局面が広がるでしょう。

 

年運を見てみましょう。

2016年 

丙申 偏印

悩みぬく一年でしょう。

2017年 

丁酉 印綬

ツケを払う厳しい一年でしょう。

2018年 

戊戌 比肩―空亡

勢いに任せて突っ走りたくなりますが要注意です。

2019年 

己亥 劫財―空亡

一年を通じて、疲れ方が半端ないでしょう。

厳しい年運が続きますが、逆境に強い資質を活かして、新境地を開いてもらいたいものです。

以上

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク