芸能人|押切もえ

カリスマモデル・彼女たちの素顔と本音

押切もえ

2008年6月16日

今回はこの人です。「えび」とくれば、「もえ」でしょう。

最近、読売巨人軍の野間口投手と交際が明らかになったもえちゃんですが、業界雀によると本業の方は、昨年から売り上げが下降気味で、苦しいようです。

寿引退もささやかれる中、彼女の実像に迫っていきたいと思います。

分析の視点は【現時点でえびちゃんを越えられないもえちゃんの今後は?】です。

 

スポンサーリンク

 

 

それでは命式を見てゆきましょう。 

四柱推命鑑定 押切もえ

1979年12月29日生まれ

・・・・上 中 下   宿命星     十二運   吉凶星

年柱  己 未 下   印綬 印綬   冠帯    天乙貴人

月柱  丙 子 癸   偏官 傷官   死     咸池、囚獄2個 白虎殺2個

日柱  庚 午 丁      正官   沐浴

【戌亥空亡】

 【総合所見】

①えびちゃんに似て平凡な一般人の命数

②大きくブレイクするには命式に強さと決め手が欠けている。

③いろいろと障害の多い命式で今後が心配。

・月柱に喧嘩上等のアウトロー星の偏官があります。しかし、年柱に人格円満の星の印綬があるので、偏官の毒気を抜いてくれます。

・日柱には気品とバランス感覚の星の正官があります。正官は年柱の印綬とコラボすることによって、出世運がつきます。

・しかし、パワフルな表現力の星の傷官は正官にとっては天敵です。

・傷官が正官を克す(傷めつける)ので、自ずから出世には限界が見えてきます。

彼女が本業のモデル業やタレントでも、表現しようと努力すればするほど、表現力の星の傷官が正官を痛めつけて、出世イコールタレントとしてのブレイクを妨げることになると言う運命の皮肉です。

更に二つの障害があります。

・年柱中段の未と月柱中段の子が「害(がい)」を形成します。

この「害(がい)」は両親の仲が悪くなると言う暗示です。

また、この「害(がい)」があるために、せっかく年柱にある最強の貴人星の天乙貴人の力が弱められます。

・月柱中段の子と日柱中段の午が「冲(ちゅう)」を形成します。この「冲(ちゅう)」は「男女間の争いが生じること」の暗示です。現在の野間口選手との交際が心配です。

・命式中に偏官と正官がありますが、これは官殺混合と呼び

「男女関係の乱れ」の暗示です。

・加えて、月柱に【エッチ仕掛け星】の咸池があります。

野間口投手には恐らく、もえちゃんからアタックしたのでしょう。

・数々の障害に加えて、命式を見て気づくことは、華やかな社交性の星の偏財がないことです。

この星はえびちゃんにもありませんでしたが、エビチャンはアイデアマンの星の

偏印をフルに使って、蛯原友里から、エビチャンと言うキャラのプロデュース

に成功し、今の地位を獲得したのです。

以前に週刊誌の特集で「広告代理店担当者が語る女優、タレント、モデルの実力とギャラの本音」と言う記事がありました。

その中で某大手広告代理店の担当者がぼやいていたのは

「蛯原友里を使おうとしてオファーすると、必ず押切もえも一緒に使ってくれと言われる・・」と言うのがありました。

これじゃあまるで、セット販売用のモデルですよね。

商品の優位性を背景とした「抱き合わせ販売」は独占禁止法で

禁じられているはずですが、ケイダッシュさんもえぐいことしますな~(笑)

そう言えばつい最近も自殺した人がいましたよね~

私の推測ではもえちゃんは依然としてこの状態を抜け切れていないのではないか

と思います。つまりエビチャンを超えることができないでいると言うことです。

これはもえちゃんの売り出し方に事務所の戦略ミスがあったと言うことで

むしろもえちゃんは犠牲者ですね。

宿曜占星術

さて、彼女の二十八宿は畢宿(ひつしゅく)です。

房宿や張宿と並んで美女星御三家のひとつです。

この星の女性は大体が地味で庶民的、少なくとも華麗と言ったタイプではなく、

忍従の星です。

結婚すれば夫や子供によくつくします。しとやかそうですが、辛抱強く芯はしっかりしていて根は頑固者です。

相性さえ良ければ幸福な妻の座につけるのですが、男運がなく男で苦労しがちです。

交際中の巨人の野間口選手との相性ですが、

野間口投手は女宿でもえちゃんとの相性は「業・胎の関係」で

運命的な出会いでしょう。

観相学

いつもなら、ここで終わるところですが、今回から必要に応じて

私の隠していた秘密兵器、観相学による人相占いも使うことにします。

特に押切もえちゃんは、ちょっと独特の人相をしているので前から

気になっていました。

①ほお骨が高く盛り上がっている。

②両目の間がかなり開いている。

①観相学の大家で女性経験の豊富な桜井秀勲先生によると男は【額とほお骨の高い女からは逃げろ】とアドバイスしています。

理由は夫を滅ぼすからだそうです。

なぜかと言うと、ほお骨が高いと言うことは、顔の中心の鼻と高さを張り合っていることになります。

鼻は女性から見れば、家庭の中心で夫です。

攻撃的で嫉妬心が強く夫を尻に敷きます。

性格が暗く対人関係にも難があるので、夫の親戚とも合わず家庭が暗くなる・・・とあります。

夫を尻に敷く分なら、野間口選手は年下で姉さん女房なんだから私はかまわないと思いますけど・・・

 

②眼と眼の間が開いている女性は、女性の最も大切なところヴァギナも広いのだそうです。

これは、逆人形法と言って、男女ともに顔の中心に裸で逆さまになった人形をつけて考えます。

逆さまになった人形の顔が口、首から下、股までが鼻の位置につけます。

眉間の位置で人形の足を大きく開いた形に想定します。

従って、両目の感覚が大きく開いた女性はブァギナも広いと言う理論になるのです。

しかし、こればっかりは私も両目が離れた女性とお付き合いしたことがないのでわかりません。

 

今いろいろ仕事も人生も岐路に立っているもえちゃん。

私の個人的見解でエールを送ると

昨年あたりから売り上げが落ちているそうですが、もえちゃんは、去年までの2年間は空亡だったので、そのことも影響しているのではないかと思われます。

今年からは空亡を抜けているので、結婚もよい時期だとは思いますが

空亡明けで人気も回復していくと思うので、真剣交際ならともかく話題作りのためなら、本業に回帰して頑張って「エビチャン越え」を果たしてもらいたいと思います。

ご健闘をお祈りします。

以上

スポンサードリンク

スポンサードリンク