人気ランキングに参加しています  

ポスト安倍・二階俊博、刑務所の塀の上を走る男

スポンサードリンク

みなさん、こんにちは。連休はいかがお過ごしですか。

今回は、二階敏博を取り上げます。現自民党の二階俊博ですが、元々は小沢一郎氏の子分でした。

平成5年(1993年)小沢さんや、羽田孜さんらが、当時の総理の宮沢喜一の不信任案に賛成票を投じて、自民党を割って出て、宮沢総理不信任案可決→衆院解散&総選挙→自民党惨敗→連立の細川政権が誕生しました。

まだ記憶に明瞭で、ドラマチックな、「政変・政局」でした。

この時、小沢さんについて自民党を出たのは、この二階であり、頑固に野党精神を貫く民進の岡田克也元代表であり、自自公連立政権(自民党+自由党(小沢一派)+公明党)の時に、野中広務の「一本釣り」で自民党に戻った、石破茂、小坂憲次(2016年10月没)で、復党以来「反安倍」を貫いています。

小沢さんや羽田さんは、自民党離党後、新生党→新進党→自由党と「純化路線=要するに小沢さんに反抗するものを追い出して新しい党をつくる」

を進めてきました。

新進党を解散した時点で、羽田さんや、岡田克也さんは「もう小沢にはついていけねえ」と袂を分かちましたが、二階ら数名は、これでも相当長く小沢氏についていった方でした。

 

「自自公連立」から「自公連立」へ

 

急死した小渕総理や、実力者の野中広務さんは、小沢さん率いる「自由党」が欲しかったわけではなく、「自由党」と連立を組めば「公明党」がついてくるので、要するに「創価票」が欲しかったわけです。

自民党としては、小沢氏が率いる「自由党」と連立解消しても、自民党と公明党だけで優に過半数が取れます。それがわかっているから、小渕総理も、野中さんも、小沢氏の「政策要求」をことごとく無視します。

ブチ切れた小沢氏は、2000年4月、小渕総理と数時間激論し、結局物別れ。逆上した小沢氏は、自由党本部に帰って、連立離脱を宣言。

この時、離脱に反対して、残留を主張したのは、扇千景、小池百合子、二階俊博等でした。

小沢氏は反抗するものは、捨て置いて、忠臣たちを連れて「自由党」として、連立事脱。捨て置かれたものは、扇を党首として「保守党」を結成し、連立に留まります。勿論この中に二階はいました。

★従って、この後の一時期を「自公保」連立政権と言います。

 

しかし、選挙のたびに、「保守党」は議席を減らし、最後は自民党に吸収されました。

フリーの身となった彼ら、特に小池百合子と二階がすり寄ったのが、時の総理、小泉純一郎でした。

特に、二階は、1993年~2000年まで、小沢氏の側近ですから、小沢さんの政治手法ややり口を熟知しており、2003年に「民由合併(民主党、菅直人代表と自由党小沢代表の合意による、自由党の吸収合併)で、民主党は「小沢氏取り込み」で、戦力を増していました。

 

そこで、2年後の2005年の「郵政解散」の時に、小泉は小沢氏を知悉する、二階をフル稼働させ、民主党議会幹部(中井蛤・・秋篠宮両殿下に「早く座れ」と暴言を吐いた男)を切り崩したりして、小沢氏の動きを封じ込めました。その後は、党内の要職をこなしながら、伊吹文明氏の衆院議長への転出で、派閥の親分が空席となった派閥、志帥会(旧亀井派)の領袖にちゃっかりおさまりました。

そして、「反安倍」の空気を漂わせていたら、「政局=権力抗争」での強さを、安倍総理に買われて、遂に党No2の「自民党幹事長」に就任。

★安倍総理の「自民党総裁任期延長」に剛腕を振るい、実現させました。

★サラリーマンの世界に例えれば、平社員の頃、会社を辞めて、その後転職を繰り返し、結局最初の会社に戻って、役員まで出世したようなものです。

★「運」もさることながら、「能力」も相当のものを持っているのでしょう。

それでは、命式を見てみましょう。

 

スポンサードリンク



 

二階俊博

1939年2月17日生まれ(77歳)

   上 中 下  宿命星  十二運  吉凶星

年柱 己 卯 乙 偏財 比肩 建禄 囚獄 白虎殺

月柱 丙 寅 甲 傷官 劫財 帝旺 月徳貴人 劫殺 亡神

日柱 乙 酉 辛    偏官  絶 囚獄 白虎殺

時柱 己 卯 乙 偏財 比肩 建禄 囚獄 白虎殺

【午未空亡】

 

【総合鑑定】

政治資金の問題が命取りになる可能性が大きい

命式を見て驚いたのは【囚獄&白虎殺】のペアが、3組もあることです。歴上の著名人では、新撰組の局長、近藤勇の命式にそっくりです。

二階氏が、司直の手に係らないか、畳の上で死ねるのか非常に心配です。

 

大運を見てみましょう。

74歳~84歳 戊午―正財―長生・・・何と午未空亡ですから、84歳までは戊午で大運空亡です。

 

大運空亡の期間に要職に就いたものは最後を全うできない≫

実例が有ります。

  • 徳川最後の将軍、徳川慶喜・・・彼は大運空亡の時に将軍位につき、結局、討幕の密勅を出され、生命の保障と引き換えに江戸城を無血開城しました。
  • 韓国大統領のパククネ・・・大運空亡中に大統領に就任し、あらゆる政策に失敗した上に、スキャンダルで昨日辞任しました。
  • スゥエーデン、カール12世、ロシア、ピョートル大帝の宿敵で「北方戦争」の英雄です。

大運空亡中に開戦したために、所詮は勝ちましたが、連敗が続き、最後は戦死しました。

「党の金庫番」党No2 の自民党幹事長が二階にとって、ベストにして最高のポストになるでしょう。

そして、後7年84歳までに「政治生命」は終わるでしょう。その時は監獄の中かもしれません。

年柱の卯と日柱の酉が冲「ちゅう」を形成します。日柱の酉と時柱の卯も冲「ちゅう」を形成しますが、

【年柱と日柱の冲「ちゅう」が最も不吉】だと言われます。

 

検察に狙われるとしたら「グリーンピア南紀」とゼネコン関連と「中国利権」

和歌山の地元の人は良くわかっていると思いますが「グリーンピア」は相当やばい案件だと思います。

それと、袂を分かったとはいえ、小沢一郎氏によく似ています。

露骨な「親中派」、ゼネコンとの不透明な関係、

★今上陛下の「生前退位」を認める不用意な発言。

 

人相上の難点

おうむのくちばしのような上下の唇。

私は、人相も観ますが、上下、いずれかの唇の厚い、薄いは人相学で説明できますが、一見して「オウム」のような口は、人相学の教科書にも載っていません。「異形」です。

「特徴の強い異様な人相」の人は、自分も周囲も、悪運に巻き込みます。

「ポスト安倍以前」に、総理に期待される役目が終わったら、自ら政界から身を引いた方が賢いでしょう。

 以上

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。