四柱推命占い鑑定|「三合」の効果①|金メダリストと中曽根康弘

スポンサードリンク



四柱推命占い鑑定|フィギュアスケート|金メダリストを斬るために知っておきたい「三合」の効果と中曽根康弘の命式

2018.02.28

読者の皆様、お待たせしました。平昌オリンピックも閉幕し、日本選手団も「あの韓国」から無事帰国しました。

五輪史上最悪の「汚点」を残した、平昌。運営や設備面で、「怒りを通り越して」笑いすら感じた、世界を裏切らない「ウリナラクォリティー」

「組織力」「企画力」「イベント運営能力」が皆無な、しかも「反日国家筆頭の韓国」という「究極のアウェィ」

をものともせず、国内開催だった長野を上回る、メダルを獲得した、日本選手団の、メンタルとフィジカル双方の強靭さ、

「勝負運」を呼び込む、日頃の猛練習に敬意を表したいと思います。

 

≪大きな勝負に勝つには三合(さんごう)の成立が必要≫

著名人、政治家、アスリート等が、「大ばくち」に近い大きな勝負に勝った時は、三合が成立していることが多々見受けられます。

三合とは、三つの支が揃って、ある五行の性質を強めていくような関係です。

三つの支の組み合わせで、4組あります。

 

①三合水局・・・申―子―辰 頭領の器
②三合金局・・・巳―酉―丑 進取の気性
➂三合火局・・・寅―午―戌 運勢の向上、発展。
➃三合木局・・・亥―卯―未 先見の明

 

以上ですが、私のブログを今後も読み続ける予定の読者様は、是非、面倒でも4種類の三合をきちんと理解し、記憶してください。

今回の冬季五輪の金メダリストたち、特に、フィギュアの羽生結弦選手と、女子フィギュアのレジェンド、伊藤みどりさんの命式の解説には従来より、ステージアップした四柱推命の理論学習が無いと解析できません。

ちなみに、羽生選手の連覇には「三合」の理論、伊藤みどりさんには、命式を「外格と内核」に分ける理論の理解が不可欠です。ちなみに後者の方が、難解ですが、私がわかりやすく説明していきます。

続きます。

 

人気ランキングに参加しています  

※新ブログです

f:id:fushimiakimasa:20170822092125g:plain

スポンサードリンク

スポンサードリンク