フィギュアスケート|カロリーナ・コストナー

四柱推命占い鑑定|フィギュアスケート|記憶に残る銀盤の「神話の女神」カロリーナ・コストナー

て、3人目はソチオリンピックで、銅メダルを取ったイタリアのカロリーナ・コストナーです。

ソチでは真央ちゃんはショートでの転倒が響き、圧倒的なフリーの得点で、世界を感動させました。
同様に、31歳の今、未だ現役ですが、このコストナー選手も、ある意味将来、記憶に残るであろう選手だと思います。
如何にも「地中海の人間」といった白人の美人さんで、「ギリシャ神話の女神」をイメージしてしまいました。

ブロンドで、顔が小さく、手足が長い、八頭身です。体の柔軟性も高いので、演技が優雅に見えます。
3回転も、アクセルを除き、全ての種類を飛べます。
他にも多数のTVCMや、衣装提供スポンサーだったロベルト・カバリの広告、ファッションショーにも出演しています。

イタリアではモデルもやっているらしいですが、印象としては「嫌みの無い」美人さんです。
「銀盤のカリスマモデル」でしょうか。リンクは彼女にとっての「ランウェイ」かもしれませんね。

 

≪スケート技術≫

長い手足を活かした表現力と、男子並みのスピード感があるスケーティングが持ち味。
特にスケーティングスキル、伸びやかさ、ダイナミックさなどは世界のトップレベルとされている。
アクセルを除いた5種類の3回転ジャンプを今まで競技会で用いている。2017-2018シーズンは、SPでは連続3回転ジャンプとしては最低難度の3T+3T、FSでは連続3回転ジャンプ無しという低難度の構成で唯一GPシリーズで表彰台に立っている。なお、ジャンプの回転は時計回りとなっている。
2007年NHK杯において女子ではISU公式競技会史上初となるステップシークエンスのレベル4を獲得し、その後もたびたびレベル4を獲得している。

 

私は、バンクーバーの銅メダルも、この人だと勘違いしていましたが、ジョアニー・ロシェット選手の間違いでした。
コストナー選手は2006年のトリノオリンピックから、出場しており、現在も現役を続ける息の長いスケーターです。

先ず残念な結果に終わった、バンクーバーのショートを見てみましょう。リンク先でご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=pyCgfOdnGXs

長い足を柔軟に伸ばしてのビールマンスピンは圧巻でしたね。手をついたのは残念でした。

 

次はフリーです。リンク先からご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=jWgNnJNMuEg

前半の連続転倒が致命的でしたね。しかし、尻もちのつき方すら「優雅」に見えたのはひいき目でしょうか?

それでは、次に見事銅メダルを取ったソチのショートです。

 

 

ソチのキムヨナのフリーと比べてみましょう。リンク先でご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=hgXKJvTVW9g

★キムヨナは相変わらず、下品な色気をだしながら、クネクネ、ツルツル滑っているだけですね。
私は、表現力、演技力共に、コストナーの方が上だと思います。銀と銅が逆です。
不可解、不正な採点の結果、真央ちゃんが犠牲になっただけではなく、本来はコストナーが銀で妥当な採点だったと思います。
それでは、命式を見てみましょう。

 

四柱推命鑑定 命式 カロリーナ・コストナー

 

【総合鑑定】天性の物は見られないが、努力と根性で勝ち取った銅メダル。

十二運を上から見ていきましょう。沐浴、長生、胎、絶ですから、身弱です。

2月初旬生まれの戊(山の土)です。雪解けが始まりかけたころで、依然として寒いので土はもっと気温が上がらないと活性化しません。従って、月令は得ていません。

吉凶星の構成を見ても、天徳貴人が一個と、他に大したことない凶星がいくつかあるだけですから、一般人によく見られる構成です。

咸池が有るので、性欲は強いでしょうが、美人の証でもあります。

宿命星を見ると、偏官と劫財が干合します。両凶星の凶意が消えて異例の大発展をします。

偏官の「攻撃性」と劫財の「二重人格性」が消えるということです。

偏官と印綬がパワーラインを形成します。大きな勝負に強いでしょう。

「華」と社交性の星の偏財が2個あります。まさに彼女の表現力には「華」が有りました。

正官と偏官が混在しています。正官は女性にとって夫、偏官は愛人ですから官殺混合(「殺」とは偏官の別名)で「浮気妻」の暗示ですが、

男女とも、「官殺混合」の怖いところは、不慮の事故に遭いやすいことです。

その凶意を逸らす為には、泄星(せつせい=漏らす星、食神と傷官)が不可欠ですが、彼女の命式には

食神も傷官もありません。蔵干(宿命星下段に隠されている星)の中を探してもありません。老婆心ながら用心してもらいたいものです。

それでは、銅メダルを取ったソチのフリーの日の行運(大運、年運、月運、日運)を見てみましょう。
27歳ですから、大運は、18歳~28歳 甲辰―偏官―冠帯です。十二運が冠帯ですから、運気の非常に強い10年間です。

14年 甲午丁 偏官 印綬

02月 丙寅甲 偏印 偏官

20日 壬戌戊 偏財 比肩

2014年は午年ですから、空亡です。しかし、彼女はこの逆風を吹き飛ばしました。

性格が胎=自己型ならではの「念力」でしょう。

月運も、日運も、偏印以外は目立つ凶星は来ていません。

偏官は行運(大運、年運、月運、日運)に巡りくるときは、「忙しい」と解釈します。

年運の空亡を「念力」で吹き飛ばして、後は、日頃の練習量を発揮して勝ち取った銅メダルです。

彼女は、真央ちゃんたちより、随分背が高く見えますが、168cmなのですね。

見た感じ170cm超えてるかと思いました。写真を見ると、足が非常に長いんですね。

この高身長で、万有引力に逆らって、3回転ジャンプを決めるのは、相当体に負担をかけると思います。

彼女は既に31歳ですが、過去に真央ちゃんに「引退」について、相談したことは有るそうですが平昌にも、直後の世界選手権にも出場しています。

スケーティングだけでも「絵」になる人ですから、気力の続く限り、現役を続けてもらいたいと思います。

以上

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク