四柱推命性格分類|日柱の十二運が「帝旺」

スポンサードリンク

四柱推命|新しい性格分類の解説|日柱の十二運が「帝旺」の「自信型」の人たち

カルロスゴーンの途中ですが、このシリーズに拘らず、今後の記事に多く登場するであろう、「性格分類」を今回一つ追加します。

丁度一年前は、フィギュアのシリーズで賑わっていたので、現在のヒーロー、ヒロインを説明するのに、命式の日柱の十二運で決まる幾つかの「性格分類」を解説しました。

「行動型」

四柱推命占い鑑定|フィギュアスケート|日柱の十二運が「沐浴」の人は各界で頂点に立つ人が多い

 

「自己型」

四柱推命占い鑑定|日柱の十二運が「胎」の人は様々な業界で成功者がいる

 

 

「感覚型」

四柱推命占い鑑定|フィギュアスケート|日柱の十二運が「絶」の人は「変人」「天才」もいる

以上の三類型です。

 

「性格類型」の数は、十二運の数だけ、十二種類あります。

上記の「三類型」のタイプ名は、いずれも、慶応大学の大先輩で、「運命学者」を名乗った長谷川博一先生がつけた名称です。

長谷川先生は、四柱推命の日柱の干支と十二運の組み合わせから、十二種類の「性格類型」を発見しました。

そこに辿り着くまで、自信のサラリーマン生活での、人間関係や、縁のあった人、8千人近くをインタビューして、彼は「態度類型学」というゴールに到達しました。

長谷川先生の著作集は、全て購入し、現在に至るまで、何度も読み返しています。

初版が1980年代の初期に出ていますから、本はもうぼろぼろ、落丁するのをメンテナンスして使っています。

先生の四柱推命にヒントを得た「性格分類」は、その後「心理学会」でも「一定の評価」を得ています。

私も、著書を30年近く読み込んで、出会ったり、縁のあった人が、全員、「性格分類」に適合しているかどうか見てきましたが、80%以上はあたっていると思います。

但し、先生が提示したなかでいくつかの「性格類型」については、私が書く時には、かなりの修正が必要となるのもありますので、残り9類型を一気に披露するのではなく、小出しに書いていこうと思います。

 

今回の性格類型は「日柱の十二運」が、「帝旺」の「自信型」です。

「帝旺」を導く干支は

・丙午

・丁巳

・戊午

・己巳

・壬子

・癸亥

の6類型です。

十二運の「輪廻」から言うと、死亡後、人によっては何百年も、「魂魄(こんぱく)」となっていたエネルギーが、「生」を受けて、現生に戻ったのが「胎」、即ち胎児です。

それから、アップダウンを繰り返しながらも、「輪廻の頂点」に達したのが、「帝旺」です。

「旺」の字は、「旺じる」と言って、極限まで強まった状態です。

ですから、後は、衰→病→死→墓→絶と、落ちていくだけです。

ある意味「崖っぷち」です。

 

さて、このタイプの人の「性格」はどうでしょうか?

私の、学生時代から、サラリーマン時代を振り返って、男女を問わず、タイプを分けると

①能力が高く「総合力」が有って、人間の器も大きい「君子型」

②中間層=普通の人

➂能力も人望もなくただ威張るだけの人

➃「昼行燈(ひるあんどん)」のように、反応がワンテンポ遅く、毒にも薬にもならない人。

ちょっと酷かもしれませんが、この三分類につきます。

そして①に該当する人は、全体の10%にも満たない本当に「上澄み部分」の人だけです。

50%は、ほとんど③か④に行きます。

①に該当する人は、本当に「能力識見」ともに抜群で、上司だったら、ただただ敬服するだけです。

 

「自信型」の女性には、こと恋愛や、結婚においては「相手に尽くす」という発想が根本からない

いい悪いは別にして、異性に「尽くす」という「発想」も「概念」も無いのです。

2016年に「嵐総斬り」のところで、取り上げましたが、当時松潤と交際していたこの女優

嵐|松本潤と井上真央の結婚

井上真央です。

f:id:fushimiakimasa:20161016162141j:plain

ご覧のように、日柱が、戊午―帝旺の「自信型」です。

かなり前に、井上が売れ出したころに週刊誌のインタビューで「私には「尽くす女」の要素はありません」とはっきり言っていました。

そのコメントを読んで「正直だな~」と苦笑しながら感心しました。

井上の命式を知っていましたから(笑)

私が、学生時代からサラリーマン時代を通じて、知っていた女性で「自信型」の人は、「頭が緩い系」の人は、ホストや、ジゴロタイプの男と付き合ったり、結婚しました。

「意識高い系」の女性も、ほぼ例外なく、彼女や、妻に尽くすのが好きな「草食系男」と結婚しました。

LGBTの「L」の人については知りません。

 

男女ともに人にあれこれ指図されるのが嫌い

何といっても「帝旺」ですからね(笑)男は「王様」、女性は「女王様」です。

しかし、学生時代までは、好き勝手やっていられても、卒業して、就職し、民間であろうが、公務員であろうが、「組織人」となれば話は別です。

「組織」とは共通の「目的」のもと、「一定のルール」で統率され、上下の力関係で「上意下達」、「指示・命令」で動くものです。

上司にも「当たりはずれ」は有りますが、会社員、または公務員として「お給料」をもらっていくためには「少々理不尽」な命令にも辛抱しなくてはなりません。

それができない人が、入社3年後ぐらいで、どんどん脱落していきますが、その中には圧倒的に「自信型」の人が多いです。

ある意味、自営業、自分で起業する、選挙に出るのが向いている人です。

 

公平に扱ってもらいたいといつも思っている

「自信型」の人の特徴は、「人間に上下はない」という考えです。

中国風に言えば「一視同仁」という考えでしょうか。

それ故、長谷川先生は、「自信型」を「中国の国民性」に似ていると評しました。

「公平に扱ってもらいたい」のは、誰しも同じだと思います。

ただ、私としては、会社員として長く生活し、平社員から、管理職に至る過程で、自分が上司から評価される立場から、評価されつつ、同時に「評価しなければならない部下」を多く持つ立場に変わっていきました。

どの会社、公務員でも同じことだと思いますが。「人事考課」とは基本的に格付けで「差」をつけるためのものです。

「人事考課」によって、「組織の将来を託せる人材」か、そうでない人材化を仕分けするわけですから。

宮仕えですから、実績を上げていても、上司と喧嘩すれば、評価を下げられるのは当然です。

しかし、営業成績や事務処理の正確さ・迅速さで、はっきりと業績は数字に表れます。

上司が人事考課する前に、本人は普通なら、評価が上がるか、現状維持か下げられるかは、わかっているはずです。

しかし、反論しようもない「業績数値」が出ているのに、ボーナス額を不当に下げられたかのように、文句を言ってくる人が、男女を問わず、ごく少数いました。

それが、例外なく「自信型」の人でした。

他の部署の、管理職は四柱推命なんてやらないから、同じような部下が出てくれば、原因がわからず、ただ度肝を抜かれただけでしょうが。

★自分の評価は、自分が決めると思い込んでいる「痛い人」達が少なからずいたということです。

 

 

「正論」を吐く「一言居士」を見受ける

組織の中で「納得のいかないこと」について、指摘し「正論」を述べることは私は正しいと思います。

ただ「正論」をぶつける相手の上司が、「器の大きい人」なら、逆に認められることもあるでしょうが、そうでない多くの上司から見れば「反抗」したと感情的に受け止められて、様々な面で損をします。

それが、積み重なって、結果的に、会社を去ることになった「自信型」の先輩を多数見てきたのは残念です。

ある意味「空気を読まない人」だと思います。

 

「自信型」で成功者となる人は決まったパターンがある

「自信型」の人に共通している発想は「何とかなる」と常に考えている人が多いです。

そして、関心のあるものには際限もなく手を広げます。

経営者だと「多角経営」が好きです。

そして「粘り腰」です。

相撲でいえば、足が「徳俵」にかかっても、諦めません。そして「何とかなる」が「何とかして見せる」となったら強いです。

「大敗北」することもあれば「一発逆転ホームラン」を打つ人もいます。

長谷川先生が「帝旺」を「自信型」と名付けたのはむべなるかなです。

そして「一発逆転ホームラン」を打った人は「総合力」が並外れていますから、他の人は、追随できません。

従って、歴史上は「天下人」や「皇帝」も見受けます。

 

男性の成功者は晩年、孤独な人が多い

不思議なもので、「自信型」の大企業の実力社長は、リタイアした後、かつての部下が御機嫌伺に来なくなって、孤独な余生を送る人が多いです。

現役時代に、自分としては「可愛がったつもり」の部下も寄り付かなくなります。

理由はわかりません。私が現役時代に私淑した上司に「自信型」の人がいなかったからでしょう。

それでは、歴史上も含めて「自信型」の著名人を紹介しましょう。

 

丙午

金丸信

すでに故人ですが、長い間自民党のドンだった方です。

 

豊臣秀吉

最下層から、「天下人」にまでなり、「朝鮮征伐」などの対外戦争までやりましたが、晩年は、幼い秀頼の将来を案じて、泣きながら、死にました。

 

松本伊代

元祖「天然頭緩い系アイドル」です。

歌が下手でも、変な声でも歌手になれる時代を切り開いたパイオニアです。

亭主は、しっかりと、そこそこ稼げるお笑い芸人をゲットしました(笑)

 

丁巳

故橋本龍太郎元総理

分類から言えば、酷ですが③のレベルでしょう

人間が成熟する前に、「派閥順送り」で総理になってしまいました。「能力不足」でした。

「橋本行革」は、中央官庁の無責任な「縦割り行政」を悪化させただけ、「経済政策」に無知だったので、大蔵官僚におだてられて、消費税率を3%から5%に上げて日本経済を「長期のデフレ」に突入させました。

政権末期は、与党内でも誰も寄り付かず、入院中の母親のところを一人尋ねる後姿が哀れでした。

 

菅直人元総理

御存じ、「民主党政権の悪夢の三年間」の最悪の総理です。

この男が、「3・11東北大震災」を今上陛下と協力して呼び寄せ、福島原発事故を最悪の事態に追い込みました。

総理になる前から「イラ菅」と呼ばれ、威張り散らすので、有名でした。

マッチこと近藤真彦レベルの首相でした。

 

戊午

スペイン王フェリペ2世

弟のドンファンに指揮させて、レパントの海戦でオスマントルコ海軍を撃破して「日の沈まない」スペインハプスブルグ帝国の絶頂期を築きました。

しかし、家臣の反対を押し切って、無敵艦隊のアルマダにイギリスを攻めさせて、エリザベス1世に大敗し、スペインの時代の「終わりに始まり」を呼びました。

 

南野陽子

昭和の最終期。バブル直前のアイドルスターです。

爆発的に売れましたが「わがままナンノ」とバッシングされました。

他の歌手たちとの恋愛もうまくいかず、晩婚でしたがうまくいっていないようです。

命式は、「超強力」なのに残念です。

 

エリザベス・テーラー

もう説明はいらないでしょう。

離婚結婚を繰り返しながら、焼け太ってきた世界的な大女優です。

 

己巳

近藤真彦

ジャニーズ帝国を斬る2019➂|帝国の楊貴妃か?近藤真彦

 

壬子

郷ひろみ

デビューした時は「変な声」だと思いましたが、2度の離婚を経ながらも未だアイドルなのは凄いです。

 

癸亥

土方歳三

御存じ、「新選組」の副長です。

沢山の人を斬り、最後まで降伏せず、函館五稜郭で戦死しました。

ある意味「男の美学」を貫いたといえるでしょう。

以上

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク