ロシア帝国⑦第二皇女タチアナ

ロシア帝国⑦

タチアナ・ニコラエヴナ・ロマノヴァ

 1897年5月29日

ロマノフ朝最後の皇帝ニコライ2世とアレクサンドラ皇后の第二皇女として誕生。

1917年

二月革命で成立した臨時政府によって家族と共に監禁された。

1918年7月17日

十月革命で権力を掌握したウラジーミル・レーニン率いるボリシェヴィキの命を受けたチェーカー(秘密警察)によって超法規的殺害(裁判手続きを踏まない殺人)が実行され、エカテリンブルクのイパチェフ館において家族・従者と共に21歳の若さで銃殺された。正教会で聖人(新致命者)。

タチアナは細身で背が高く、赤褐色の髪に、濃い青灰色の瞳をしていた。皇帝の娘にふさわしい高貴な顔だちは、洗練された彫刻のようと称され、当時の人々をしてタチアナを4姉妹中最も美貌の皇女と言わしめた。

長姉のオリガ皇女に代わり、生来のリーダーシップで子供達をまとめ、妹達からは”女性家庭教師”と呼ばれ慕われた。タチアナは姉妹の誰より母のアレクサンドラ皇后と親密であり、母と娘達の意思疎通に心を砕いていた。そして、母の最愛の娘であった。姉のオリガ皇女ととても仲が良く、周囲は2人を”ビッグ・ペア”と呼んだ。

これに対し、妹のマリア皇女とアナスタシア皇女の2人は”リトル・ペア”と呼ばれた。4人はOTMAというサインを結束の象徴として使用していた。

控えめで信心深く、バランスのとれた気性の持ち主だったと言われている。また手先が器用で、手細工を作ったり刺繍をするのが得意だった。

1911年9月10日にキエフのオペラハウスで観劇中のニコライ2世の御前で発生したピョートル・ストルイピン首相暗殺の瞬間を姉のオリガとともに父の後ろにいて目撃している。

ニコライ2世はマリア皇太后に宛てた手紙の中でこの日に両方の娘を狼狽させる出来事が起こったと述べている。タチアナはすすり泣き、2人はその日は眠れぬ夜を過ごした。

第一次世界大戦では、母アレクサンドラ皇后、姉オリガ皇女と共に看護師として従軍、負傷した兵士達の手当てをし、幾十人かの最期を看取った。

※病院の看護師を務めるアレクサンドラ皇后(左)、タチアナ(中)と。タチアナの後ろに立っているのはマリアの恋愛相手の将校ニコライ・デメンコフ

命式を見てみましょう。

 

スポンサードリンク



 

タチアナ・ニコラエブナ(ニコライ2世第2皇女)

1897年5月29日時生まれ~1918年7月17日(21歳没)

 

【総合鑑定】他の王家に生まれていれば、才色兼備で活躍しただろう。

月柱の十二運に帝旺があります。身旺です。

5月末生まれの丁(蝋燭の火)です。初夏の気候で火は消えません。旬の季節なので、月令を得ています。

更に、年柱の酉、月柱の巳、時柱の丑で、巳―酉―丑の三合金局が成立します。命式中に三合が成立する人のパワーは最強です。

天乙貴人が2個もあります。天徳貴人もあります。

ただ、血刃&駅馬の魔のペアがあるのが気になります。囚獄はイパチェフ館での2か月でしょう。不慮の事故の白虎殺があります。

 

《印星殺の成立》

偏印が2個、印綬が1個で印星殺の成立です。

 

《食傷過多の成立》

食神が1個、傷官が2個で、食傷過多の成立です。

亡くなった21歳の大運は、12歳~22歳で、丁未―比肩―冠帯です。丁未の未と、時柱の丑が冲「ちゅう」を形成します。不吉です。

亡くなった日の行運を見てみましょう。

1918年07月17日

・18年 戊午丁―空亡 傷官 比肩・・・羊刃

・7月 己未己―空亡 食神 食神・・・羊刃2個

・17日 乙丑己    偏印 食神・・・血刃

1918年は午年なので空亡年です。しかもけじめをつけられる傷官の年です。殺気の星、羊刃も巡ってきます。

7月は未の月ですから、空亡月です。羊刃も2個巡ってきます。

17日はお約束の偏印が巡ってきました。

ロシア女帝、首相や大統領にふさわしい命式、

他国の王に嫁いで王妃になるか、他家の王家に生まれるか、平和時のロシアに生まれてロシア女帝にでもなれば、名君として歴史に語り継がれる女王となったでしょう。民主制の社会に生まれても、女性首相や女性大統領に相応しい命式です。

ただ、本人の命式がどうであれ、運命を決定するのは本人の選択と意志です。

仮にロシア帝国が健在であっても、弟がいてさらに第二皇女ですからロシア帝国の女帝になるのは、ほぼ不可能でしたし、姉と同じく、ロシアに対する愛が強いので、外国の王家より、ロシア人貴族との婚姻を選んだと思われます。

アメリカのケネディ家もそうでしたが、亡国の兆候のひとつが、国の命運を支配するトップの家において、命式の良い優秀な子供が、家や王家を継がないケースがあります。理由は様々で、継承順位が低くかったり、本人が早死にした場合が多く、その結果、命式の弱く仁徳がない子供が継ぎ、家の運気が弱まり、その家の運気が国運に影響されて、ずるすると傾くケースが多いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク