麻生の乱⑪ちか子夫人の鑑定

四柱推命占い鑑定|麻生の乱⑪

四柱推命鑑定 麻生ちか子夫人、離婚問題と健康問題に注意、無限拡散

2017.11.20

元総理の鈴木善幸の三女です。父親が総理、亭主も総理のプラチナレディーです。先祖は漁師ですが。

なかなかの賢夫人で、地元後援会の婦人部を仕切っています。経営の才もあるのか?麻生グループの関連会社の役員も務めています。

しかし、昨年離婚問題が週刊誌に載りました。記事になったということは、亭主との不仲が地元民にかなり噂レベルで知れ渡っているという事です。

結論から言うと、宿曜経の夫婦の相性は最悪の破壊縁です。特に夫から潰される方なので、ストレスは半端ないでしょう。

夫婦の衝突の原因は、長男の将来の進路だそうですが、世襲か否かでしょう。いずれにせよ曽祖父吉田茂以来の売国部落民の世襲はもうやめてもらいたいものです。

それにしても、よく岩手から「修羅の国」までお嫁に来ましたね。飯塚市には「手榴弾に注意」と言う警察の看板が有るそうです。

命式を見てみましょう。




四柱推命命式 麻生夫人

四柱推命総合鑑定|

来年から、亭主と同じように空亡に入る。夫婦仲はさらに悪化して、麻生家にとって良いことは何一つないだろう。
日柱の干支の乙(雑草・つる草)が真上の月柱の辛(小刀)で切り刻まれる。このパターンの人は、ノイローゼやうつ病になりや憂いです。

金輿禄が有ります。見事に玉の輿に乗りましたね。

でもかなり苦労されたのではないでしょうか?

姑は「なんちゃって貴婦人」の麻生和子でしたから(笑)

意外と地味目の命式です。華蓋が2個もあるということは、何かのお稽古に秀でているのか?有る宗教にはまってらっしゃるのか知りたいものです。

 

五行のバランスを見てみましょう。

木:土=4:3、木が優勢ですがほぼ拮抗してます。胃腸系の病気の暗示です。

年運で土が強くなり、逆転すると癌に注意が必要です。

 

大運を見てみましょう。

コメントなしは問題ない10年です。

58歳~68歳

乙亥―比肩―死

乙亥の亥と月柱の巳が冲「ちゅう」を形成するので不吉な十年です。

 

年運を見てみましょう。

コメントなしは問題ない年です。

2017年

丁酉―食神

血刃が2個も来ます。病気に注意です。

2018年

戊戌―正財―空亡

戊戌の戊は土です。翌年も己で土です。この2年の空亡は土が木に逆転しますから、癌に要注意です。

2019年

己亥―偏財―空亡

血刃&駅馬のペアが3組も来ます。大病、大事故に注意です。

2020年

庚子―正官

晦気(かいき)の年です。命を落とすほどの辛い年です。どうかご用心を。

 

宿曜占星術

密教二十は宿は房宿・・・三大美人星でエリートの星でもあります。但し亭主とは最悪の破壊縁です。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク