※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください   

囚獄&白虎殺|林志令(リン・チーリン)

スポンサードリンク


命式中の「囚獄&白虎殺」のペア2組は実際にどんな危険な事例があるか

占いアーカイブには、もうかれこれ10年近く前に「時を斬るブログ」で鑑定した世界の美人女優シリーズがあります。

しかし、当時は鑑定対象の誕生時刻がわからない場合(普通は本人に聞かない限りわからないし、所属事務所に聞いても答えてくれない可能性が高い)は仕方なく三柱で鑑定していました。

四柱推命の鑑定とは、実際は生年月日の三柱で鑑定するのが大半です。

特に、誕生時刻がわからない著名人の場合は、一般人の鑑定依頼は依頼者が「申告」してくれた誕生時刻を信じて鑑定していました。

著名人の鑑定では、分厚い高価な専門書を出版している「大先生」達も三柱で鑑定しています。

しかし、その方法では、「千代田パレスの「ミチコ」」の場合、「本性」がさっぱりわかりませんでした。

理由は「吉凶星」の欄が空欄だったからです。

★そこで私が、到達したのが四柱推命の古典の「淵海子平(えんかいしへい)」を参照にして、「命式全体の「あるべき五行のバランス」」から、時柱を算出するやり方でした。

この方法で「ミチコ」の本性が解明できました。

最初は「手計算」でやっていましたが、やっていられないので専門ソフトを購入して、「手計算」と整合していることを検証して、その後はソフトで算出することにしました。

★四柱推命の「四」の字もわからない故井沢満=BBの覚醒記録=銀蠅トド子や、

バカザイチカ(アネザイチカ)=夢の宮一派が「四柱推命と言いながら三柱でやってるじゃないか」と絡んできましたが、所詮「日本語が不自由」な連中に説明してもわかるはずはありません(怒)

「純粋日本人」で「愛国保守」の読者様なら説明も不要なはずです。

「占いアーカイブ」で私が好きだった台湾の有名モデルにして女優だったリン・チーリンがいます。

タイトル 女優 林志令 リン・チーリン

http://fushimi-akimasa.sakura.ne.jp/0821/2016/11/12/20161112000000/

今年、6月にめでたく、EXILEのメンバーのAKIRAと結婚しました。

それで、「結婚祝い」に四柱で再鑑定したところ、驚くべき事実がわかりました。

リン・チーリン(林志令)四柱による再鑑定

【申酉空亡】

宿曜経 参宿

再鑑定による総合評価

  • 「囚獄&白虎殺」のペアが2組も有った。
  •  血刃があった。
  • 「印星殺」もあった。

時柱に「リスク要因」が隠されていました。

この時柱の影響が正しいかどうか、検証してみました。

リン・チーリン(林志令)・・・・Wikiより

http://archive.is/St0IM

騒動

落馬事故

2005年7月8日、中国・大連でCM撮影中に落馬。結果、肋骨6本を折る重傷を負うに至る[59]。全治2ヶ月の診断を受けて入院[60]。それから半年間にわたって休業に入る結果となった[61]。この入院休業期にはマスメディアによる報道が過熱し、「彼氏が花束を持って駆けつけた」「整形した胸が破裂」などの憶測報道が乱舞、結果、所属事務所の代表者が報道自粛を求める声明を発する事態ともなった[62]。中国における知名度を一気に上昇させるきっかけとなった事件でもあった[63]

★「落馬事故」、それも肋骨を6本も折る重傷、半年にわたる休業。

前回の鑑定では気づきませんでした。

それで「落馬事故」の遭った日の行運(大運、年運、月運、日運、時運)を見てみましょう。

30歳ですから、大運は 27歳~37歳 壬申―偏印―絶―大運空亡―印星殺・・・・血刃

★何と、「大運空亡」で「印星殺」、しかも十二運は最弱の「絶」でした。

しかも、大運の「申」と年柱の「寅」が冲「ちゅう」を形成して「凶意」を強めています。

2005年 

乙酉辛―空亡 劫財 正官「囚獄&

白虎殺」 羊刃

空亡年でした。しかも「不吉の星」の羊刃と、なんと「囚獄&白虎殺」のペアが巡ってきていました。

公式通りですね。

7月 

癸未己 印綬 正財・・・・・・「印綬」が巡ってくる「印星殺」でした。

8日 

癸巳丙 印綬 食神・・・・・・「印綬」が巡ってくる「印星殺」でした。

★やはり、「淵海子平」で時柱まで見ないといけないということですね。

決定的な「情報不足」になるわけです。

それでは、お相手のEXILEのAKIRAとの相性を見てみましょう。

リン・チーリンとAKIRAの相性

 好評発売中

関連記事と広告