※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください   

囚獄&白虎殺|元通産相事務次官の小長啓一

スポンサードリンク


囚獄&白虎殺|犯罪や事故とは全く無縁な人もいる

地方大学出身者初の通産相(現経産省)元事務次官の小長啓一(こながけいいち)

小長啓一とは・・・・・Wikiより

http://archive.is/dMV3B

日本の官僚、弁護士。

元通商産業事務次官。AOCホールディングス会長、同台経済懇話会代表幹事、経済産業調査会会長、東急取締役。

来歴・人物

岡山県備前市生まれ。旧制第六高等学校から新制岡山大学法文学部に残り、1953年に卒業。猛勉強の末に在学中に国家公務員上級職(法律職)試験と旧司法試験に合格していたが、「先の戦争は、日本が石油を押さえられて軍部が突っ走ったために起きた。今後、資源のない日本が世界で生き残っていくためには貿易立国しかない」という思いから、1953年通商産業省に入省した[1][2]

1971年7月から通産大臣に着任した田中角栄の秘書官になり、知遇を得る[3]

1972年に発表された「日本列島改造論」の政策立案に携わる[1][4]。1972年に内閣総理大臣になった田中は小長を内閣総理大臣秘書官に抜擢[1][5]

通産省復帰後、大臣官房長、産業政策局長から、1984年6月から86年6月まで通商産業事務次官に就いた[1]

地方大学出身者の事務次官就任は初[6]

この人の名前だけでも知っている人は、相当な「政治オタク」でしょう。

私がそうですが。

ポイントは「地方大学出身者の事務次官就任は初」です。

勿論、田中角さんの「引き」もあったでしょう。

「先の戦争は、日本が石油を押さえられて軍部が突っ走ったために起きた。今後、資源のない日本が世界で生き残っていくためには貿易立国しかない」という思いから、1953年通商産業省に入省した。」

悪い方向に向かうと、自分や他人の人生をぶち壊す人間になりますが、巨大な大志をもち努力し続ける人は、古い慣習や社会の弊害をぶち壊すパイオニアになれるということです。

それでは、命式を見てみましょう。

四柱推命鑑定命式 小長啓一

 

【辰巳空亡】 宿曜経 軫宿

【総合評価】リスク要因は「囚獄&白虎殺」のペアが2組あることだけ。

辰巳空亡なので、時柱が空亡している。

日柱の天干は12月生まれの丙(太陽)です。

真冬の寒風で光が弱まるので月令は得ていません。

★この人に「囚獄&白虎殺」のペアが2組あるのは、司法試験に受かり、弁護士資格を持っているからでしょう。

彼のように、「法曹界」の人に「囚獄&白虎殺」のペアがある人が目立ちます。

未だ検証していませんが、歴代の検事総長や、警察庁長官や有名弁護士などの「司法業界人」に「囚獄&白虎殺」のペアを持っている人が多いと思われます。

まだまだ続きます。

関連記事と広告