※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください   

フィギュアスケート|紀平梨花

スポンサードリンク


ロシアの「女子4回転トリオ(厳密に言えばコストルヤナは未だ4回転は飛んでいないようですがいずれ飛ぶと思います)」と対決する、日本の期待の若手女子達を見ていきましょう。

先ず、トップバッターは、言わずもがな紀平梨花選手でしょう。

彼女も性格は、「天才肌の「絶」=感覚型」です。

四柱推命占い|日柱の十二運が「絶」

紀平選手が優勝したCSオータムクラッシックのスケーティングを見てみましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=EWT1MmHpECM

素晴らしいですね。これで、トゥルソワなみに4回転を4本決めたら「鬼に金棒」ですね。

それでは、命式を見てみましょう。

鑑定|紀平梨花

四柱推命鑑定命式|紀平梨花

宿曜経 尾宿

午未空亡で、年柱と月柱に午と未があるが、午―未の「支合」が成立するので、解空(空亡が解けること)します。

しかし、月柱の未と時柱の丑が冲「ちゅう」を形成するので、天乙貴人は死んでしまいました。

【総合評価】

①吉凶星の中に、凶星がほぼない。唯一偏印があるのみ。

②ロシア選手と違って、「血刃&駅馬」のペアや「囚獄&白虎殺」のペアがない。

③空亡が「午未」と言うのがラッキー

この②は大きいですね。アスリート、特にフィギュアスケートの選手にとって、「怪我」がこじれて「古傷」になったら、3年後の北京五輪が危ぶまれます。

③については、「午未空亡」ということは、月運で言えば、午の月=6月、未の月=7月が「空亡月」に当たります。

アイスショーは有るかもしれませんが、ほぼ「オフシーズン」ということですよね。

「午未空亡」の次は「申酉空亡」です。同様に、申の月=8月、酉の月=9月ですから、「申酉空亡」だったら、9月にはオータムクラッシックが始まって、例えば、今年で言えば、2019年~2020年シーズンに入ってしまいます。

以上の理由から「午未空亡」は「消極的な意味」で、フィギュアスケーターにとっては「プラス要因」ということです。

★フィギュアスケーターにとって「寅卯空亡」が一番悲惨。

何故なら、寅の月=2月ですから。

私は、冬季五輪の「開催規約」のようなもの、あるかないか知りませんが、私の記憶にある範囲では、毎回2月に開催されています。

その意味では、五輪の本番が始まる2月が「空亡月」ということは、「最初から非常に不利」「マイナスのアドバンテージ」を持っているようなものだと思います。

改めて、命式を基本的に解析すると

日柱の天干は、7月生まれの庚(斧などの大型の剛金)です。

真夏で気温が高いので、金属の分子構造が緩んで、引き締まりません。

その意味で月令は得ていません。従って命式の構造自体は強くありません。

吉凶星を見ても、隔角は、生地を離れて、生活する意味ですから、現役時代は世界中の大会を飛び回り、引退してもアイスショーで世界中を回ることになるでしょう。

孤辰は、日頃「孤独の気配」が漂うのか、「孤独を愛する」のかどちらかでしょう。

寡宿は、「露骨な態度を取りがち」と言う意味なので、演技がうまくいかないと、荒れることも有るのでしょうか。

年柱の午と時柱の丑が害「がい」を形成します。

「丑―午の害「がい」」で負けず嫌いの意味です。

宿曜経

二十八宿「尾宿」の人は、男女ともに「執念深い」です。

これが「勝利への執念」と「転化」すれば「勝負師」として最高でしょう。

紀平選手に戻ります。

彼女に期待できるのは、やはりその「天才性」です。

根拠は17歳の時点で、かなり「四柱推命」との戦いに勝っているからです。

既に「大運空亡」を乗り切っている

彼女は

0歳~4歳

丁未―大運空亡―正官―冠帯

4歳~14歳

丙午―大運空亡―偏官―沐浴

で、生まれてから14歳までが大運空亡でした。

ジュニア時代の後半、特に2017年~2018年シーズンは不本意な成績に終わったようです。

しかし、シニアに移行し、大運空亡を抜けた16歳のスロバキア杯で優勝してからは、国際大会の連勝記録を7まで伸ばしています。

「印星殺」の悪影響を物ともしていない

命式に印綬が2個、偏印が1個あるので、印星殺が成立します。

北京冬季五輪までの行運(大運、年運、月運、日運、時運)を見てみましょう。

現在17歳ですから

大運

14歳~24歳

乙巳―正財―長生

ですが「凶星」は巡ってきません。

北京冬季五輪2022年は20歳なので、現在の大運中は「安泰」です。

2018年 16歳

戊戌 偏印―印星殺

印星殺でしたが大活躍でした。

2019年 17歳

己亥 印綬―印星殺・・・・劫殺

印星殺で、劫殺も巡ってきましたが、スケートカナダでのトゥルソワとの「初対決」に負けた以外は順調でした。

2020年 18歳

庚子 比肩・・・・羊刃  「囚獄&白虎殺」

年運が比肩なので、疲れを感じずに突っ走れますが、「囚獄&白虎殺」のペアが巡ってくるので、怪我にはくれぐれも注意してほしいです。

2021年 19歳

辛丑 劫財

年運が劫財なので、疲れやすい一年になりますが「凶星」は巡ってきません。

2022年 20歳

壬寅 食神・・・・劫殺2個

食神の年なので思い通りになる年です。

劫殺が2個きますが気にするほどでもないでしょう。

「4回転ロシア3人娘」と比べると、四柱推命的には紀平選手の方が年運はよいです。

後は4回転のマスターをどうするかによって違ってくるでしょう。

トゥルソワやシェルバコワ並みに「4回転」をプログラムに織り込めれば、紀平選手が「金」を取る可能性が高くなるでしょう。

頑張ってほしいです。

 

 好評発売中

関連記事と広告