※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください   

読者の皆様へ|「電子書籍出版」のお知らせです

スポンサードリンク


読者の皆様へ|久しぶりの「電子書籍出版」のお知らせです

読者の皆様、節分明けの今日この頃、如何お過ごしでしょうか?

さて、突然ですが、昨年来、久々の「電子本」の出版のお知らせです。

何故、突然、出版に踏み切ったかと言いますと、 既報の通り、アネザイチカ=夢の宮、真島久美子、ルーン・タロット予報のみもりらの 「反日朝鮮工作員集団」から、でれでれ草さんが「Google八分」にされるという事態が起きました。

 

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=54724

 

http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=54741

 

彼女が「強い精神力」で乗り切ったのでほっとしているところですが、

私も、いつ同じ「犯罪」を仕掛けられるかもしれない。

「朝鮮工作員」は、「学習しない」ので何度も同じことを仕掛けてきます。

また、私も2017年には、故井沢満、ふぶき、ジュゴンらから、Gooの「時を斬るブログ」を「使用不能」にされた苦い経験もあります。

それで「過去記事」の中で、読者から「評判の良かったもの」をAmazonで、「保存」もかねて、電子書籍化することにしました。

下記の2冊です。

販売開始

国際法上は台湾の主権はまだ日本にある: 台湾に独立記念日がない理由 (伏見文庫) Kindle版

現在審査中

在日を強制送還できない理由:国際法、国家間の条約は憲法を凌駕する(伏見文庫)

占いと違って、国際政治上の地味な記事でしたが、読者の皆様にぜひ知ってもらいたいという「拡散」の意味も含めています。

また

➀過去記事であること

②字数等、分量が少ない

上記の理由から、当初は「無料」で電子書籍化する予定でしたが、Amazonのシステム上「0円」では登録できませんでした。

「1円」でも、システムで弾かれます。

万止むを得ず、アマゾンが設定する「最低価格」の99円で取り合えず登録できました。

ですから、読者の皆様には、是非「無料キャンペーン」中のダウンロードをお勧めします。

期間は下記です。

無料 キャンペーン期間

国際法上は台湾の主権はまだ日本にある: 台湾に独立記念日がない理由 (伏見文庫) Kindle版

明日・2020年2月6日 から 2月10日まで

「在日を強制送還できない理由」は、審査が終わり、出版後、即、無料キャンペーンとさせていただきます。

それでは、取り敢えず告知まで。

以上

 好評発売中

関連記事と広告